トップ 痩せる方法 痩せる期間 やせない理由と原因 ダイエット成功のコツ

30代女子が痩せにくい理由

20代後半から少しずつ痩せにくくなり、30代になったとたんダイエットをしても全く体重が減らなくなった、なんてことはありませんか。

その原因は基礎代謝量の減少です。
「基礎代謝」は生きているだけで消費するエネルギーのことを言いますが、この基礎代謝は18歳くらいをピークに後はどんどん減っていきます。
何故かと言うと、20歳ごろから自然に少しずつ筋肉が失われていくからです。
(食事量や運動量など、若いころと全く同じ生活を送った場合)

このように、加齢によって少しずつ代謝が低くなる上に、30代女子は仕事や子育てなど何かとストレスを感じることが多くなります。
人はストレスを感じると、脂肪分解や代謝に関わっている交感神経の働きが悪くなり、うまく脂肪が代謝できなくなるのです。

対処法

代謝量をあげる

30代女子が痩せるためには代謝をあげる必要があります。
代謝をあげるためには、筋肉をつけなければいけません。
時間に余裕があればウォーキングやジョギングがオススメです。 忙しい人は一駅歩いたり、なるべくエレベーターを使わずに階段を使うなど、普段から体を動かすように心がけましょう。

また、代謝をあげるために食生活で気をつけることは、酵素をたくさん含む食事を摂ることです。
酵素をたくさん含む食事とは、生野菜や発酵食品を多く含む食事のことです。
基本は、食事量の半分を生のものにすることなのですが、なかなか難しいですよね。
食生活で補えない分の酵素は酵素ドリンクで補うことをオススメします。

オススメ酵素の体験談はコチラ


生活環境を整える

自分がストレス太りしていると感じる人は、なるべく慢性的なストレスを減らす工夫をしてください。
と言っても、そんなこと簡単にはできませんよね。

そういう場合は、なるべく自然のリズムに合わせた生活を心がけることによって、ストレスによって乱されてしまった自律神経を正常に戻すよう、心がけてください。
例えば、朝は早起きして太陽の光を浴びる、夜はなるべく早めに部屋の電気を消す、夏場にエアコンの温度を高めに設定する、といったことです。
少しの注意でストレス太りを軽減できるかもしれません。

30代になると痩せにくくなるのは何故でしょうか。その原因のひとつは加齢による基礎代謝の低下です。生活習慣が全く同じ場合、人は20歳くらいから自然に少しずつ筋肉が落ちて代謝が低くなります。代謝をアップさせるためには、意識的に運動して筋肉を落とさないようにする必要があります。また、スムーズな代謝に必要な酵素を摂取するのも効果的でしょう。