やせない理由と原因

トップ 痩せる方法 痩せる期間 やせない理由と原因 ダイエット成功のコツ

痩せないダイエット法

Q&Aサイトなどを見ていると、「ダイエットを頑張っているのに痩せません」という人がいます。
そしてその人がどのような方法でダイエットをしているのか見てみると、
「炭水化物を抜いて、野菜を中心に食べている」と書かれていました。
運動はランニングなどもしているそうです。

炭水化物について

「炭水化物は太る」というイメージがある人は多いのではないでしょうか。
確かにラーメンをおかずにご飯を食べる、など炭水化物中心の食事は太りやすいです。

ですが、炭水化物は筋肉を動かすのに必要な「グリコーゲン」というエネルギー源になります。
筋肉を動かして、有酸素運動をして脂肪を燃やすには、このグリコーゲンが必要不可欠。
脂肪をドンドン燃やしたければ、脂肪を燃やす燃料になる炭水化物と筋肉をつくるたんぱく質を摂るべきです。
炭水化物を全く抜いてしまうと、運動に必要なエネルギーが不足し、痩せにくい体になってしまうのです。

また、炭水化物や糖は長期間抜くと、脳を動かすエネルギー不足にもなり、ダイエット中のストレスの要因にもなります。
つまり、突然「あーラーメンライスが食べたい!」みたいな衝動で、リバウンドを引き起こす可能性もあるのです。
ダイエットといえば、野菜やきのこ、こんにゃくといった低カロリー食材を取り入れることは有効ですが、
極端な食事内容では、カロリーは落とせても、ダイエットを非効率にしてしまいます。

なかなか痩せない人にオススメなのは?

そう考えると、「頑張っているのに全然痩せません」という人は、 間違った方向で、頑張りすぎているのかもしれませんね。
そういう方は、断食のように1回の期間を短期間に集中させる方法を 一度試してみてください。
痩せるという意味では、理にかなっているダイエット法ですので、嬉しい結果が期待できるのではないでしょうか。

10キロ痩せるおすすめの方法

ダイエットをしているのに痩せない、そういう時はダイエットの方法が間違っている場合があります。 例えば、野菜中心、サラダばかり食べて脂肪はもちろん、炭水化物・肉類も極力食べないようにしているのに痩せない。 この場合は、体脂肪を燃やすのには適度なたんぱく質、そして炭水化物も必要です。これらを摂らずに野菜しか食べないという人は、 やせない体づくりをしてしまっています。運動をしているのに痩せない。この場合は筋肉を作るのに十分な負荷がかかってない場合もあると思います。 たとえば筋トレなら、回数は少な目でもひとつの動きにじっくりと時間をかけて、「もう限界」と感じるまでやってみましょう。 そんなに食べていないのに痩せない、という人は、理由が色々考えられます。 例えば、もうすでに適正体重で痩せる必要がない、「食べてない」と思っているだけで実際は結構食べている、 カロリーだけ気にして食事内容に偏りがある方も、そんなに食べていないのに痩せにくい体になっている可能性があります。 やせない習慣は、やめればかなりやせる習慣でもあります。この機会に自分の生活習慣を見直して、そこからできるダイエット法を探すのが良さそうです。