トップ 痩せる方法 痩せる期間 やせない理由と原因 ダイエット成功のコツ

リバウンドとは、ダイエットをやめた後に、ダイエット前と同じ体重になってしまったり、
ダイエット前よりも太ってしまう現象のことを言います。
ダイエット経験者の中にはリバウンドを経験した人も多いのではないでしょうか?
ダイエットしたのに、もとの体重よりも太ってしまうなんて絶対に嫌ですよね。

しかもこの「リバウンド」、何回も繰り返していると、だんだん痩せにくく太りやすい体質になっていまうのです。
では、どのようにダイエットすれば、リバウンドを防ぐことができるのでしょうか。

短期間に急激に体重を減らさない

私たちの体には恒常性(ホメオスタシス)といって、体を元の状態に維持しようとする働きがあります。
急激に体重を減らした場合、この「恒常性」が働きやすくなります。
では、「恒常性」が働くとどうなるのでしょうか。
「恒常性」が働くと、体に入ってくるエネルギー量が減った分、エネルギー消費量を減らして、体を元の状態に戻そうとします。
そうすると、なかなか体重が減りにくくなり、いわゆる停滞期という状態になります。

そして、多くのダイエッターたちはこの停滞期の時に、ダイエットを諦めて、元の食事にもどしてしまいます。
しかし、停滞期とは、体が「摂取エネルギーが少ないから、消費するエネルギーも少なくしよう」という状態になっている時期なのです。
そんな時に元の食事に戻すと、当然エネルギーは余ってしまいます。
そして、余ったエネルギーは脂肪として蓄えられ、リバウンドが起こるのです。

では、恒常性を働かせないためにはどのようにすれば良いのでしょうか?
それは、短期間に急激に体重を減らそうとしないことです。
目安としては、1か月に減らす体重は、自分の体重の5%以内にとどめるように、気をつけてください。
例えば、体重が53kgの人ですと、1か月の減量目安は2.65kg以内となります。

過度な食事制限をしない

「早く体重を減らしたい」「運動は嫌いなので、食事制限だけでダイエットしたい」などの理由で、
ついついやってしまいがちな過激な食事制限ダイエット。

しかし、単品ダイエットや長期的な断食など、過度な食事制限によるダイエット法で痩せた場合、 リバウンドする可能性がとても高くなるのです。
何故なら、食事量を極端に減らすことで、たんぱく質も不足するため、脂肪だけでなく筋肉量も減ってしまうのです。
筋肉量が減ると、基礎代謝量も減ってしまいます。
基礎代謝とは、呼吸や心拍など、寝ていても消費されるエネルギーのことをいいます。
ということは、「基礎代謝が減る」イコール「太りやすい体になる」ということなのです。

また、過度な食事制限をすると、ストレスがたまってダイエット後に暴飲暴食してしまう傾向があります。
こういうことが重なって、リバウンドにつながってしまうのです。

もちろん、ダイエットに食事制限は必要です。
しかし、体に必要な栄養素はしっかり摂取した上で行うことが大切です。

ダイエットは、体重を減らすことよりも減らした体重を維持することのほうが難しいと言われています。 それだけリバウンドを経験する人が多いのです。そして、リバウンドは繰り返しているうちに太りやすい体質になってしまうのです。 このリバウンドはどのようにすれば防げるのでしょうか。このページではリバウンドしないための方法を2つ紹介しています。 1つは短期間に急激に体重を減らさないこと、2つ目は過度な食事制限をしないこと。 ダイエットはゆっくり確実に行うことが、リバウンドを防ぎ、結果的にはダイエットの近道になります。