ダイエット 停滞期

トップ 痩せる方法 痩せる期間 やせない理由と原因 ダイエット成功のコツ

ダイエット中、どうしてもお腹が空いてしまいます

10キロダイエットにもなると、誰もがぶつかるのが、停滞期という壁です。
Q&Aサイトを見ていても、停滞期でなかなか体重が減らず、悩んでいる人が多いようです。

ダイエット中の停滞期は私たちの体の危機管理システムである
「ホメオスタシス機能」が働くことによります。
ホメオスタシス機能とは、外部環境の変化に関わらず、
生きるうえで重要な体温や血圧を正常に維持し続けるために、働く機能のことをいいます。

つまり、ダイエット中で食事からの摂取エネルギーが減った、
運動量が増えて消費エネルギーが増えたという状況に対して、
摂取エネルギーを増やしたり、消費エネルギーを低くしたりする機能が働きます。

この機能により、同じ食事、運動を続けていても一向に体重が減らない、これを停滞期と呼ぶのです。

このホメオスタシス機能は、1ヶ月間に体重が5%減少すると働くと言われています。
そして期間はだいたい1カ月前後続くようです。

この間、「ダイエットをしているのに減らない」と焦るかもしれませんが、
我慢して1か月間同じ食事内容、運動を続けることが大切です。

これを乗り越えると、また体重が減少しはじめるのです。

また、逆に言うと急激なダイエットがリバウンドしやすいのも、
このホメオスタシス機能が働くからでもあります。

期間に余裕がある人は、1ヶ月の減量を体重の5%未満に抑えることで、
少しずつですが確実に、リバウンドしにくいダイエットを成功させることができます。

10キロ痩せるおすすめの方法

ダイエット中の壁といえば停滞期。 順調に痩せていたつもりが急に体重が減らなくなって、焦りを感じたりする人もいるようです。 停滞期中は、焦ってペースを上げたりするよりは、いつも通りを続けることが大切です。 停滞期はいつまでつづくかというと、だいたい1ヶ月ほど、その時期を過ぎるとまた体重が減りはじめます。 また、体も、ダイエット中の生活に「慣れる」ことにもなるので、リバウンドを防ぐ事にもつながります。